隣の君は笑顔ですか?

好きなことについて書きます。語彙力はありません。

世界は変わる!



Love-tune Live 2017

「覚悟と気合い」

痛いくらいに彼らの熱い想いが伝わって来て、心が震えるってこうゆうことなんだなぁって実感しました。
元々、私はLove-tuneのパフォーマンスから発せらる熱いエネルギーに惹かれてらぶに興味を持ったので、それを生で感じられて本当に興奮しました。
私がらぶに惹かれた部分ってわけわからないけど凄い!!!って思える所だと思ってて、マイナスな意味の訳わからなさじゃなくて、わけがわからないんだけど完全にらぶのパフォーマンスに飲み込まれて、気がついたら渦の中にいて魅せられてしまう所が彼らのパフォーマンスの凄い所だなぁって思うんです。
ステージ上でシャウトしたり、楽器を持ちながら踊ったり、頭を振り回したり、バンドだと思って見ていたら楽器を置いて踊り出したり、
それって今までのアイドルにはあまりない光景で、彼らの言葉を借りるなら、まともじゃない。

私はらぶのそうゆう所が好きで、好きになった訳だけど、

新しい事をやるにはやっぱり否定的な意見もついてきて、こんなに人の心を震わすことができる人達なのに悔しいなぁっていう思いが私の中にはあって、、、

なんでそんなこと言われなきゃいけないんだろうとか思うこともあって、、

安井くんの「もっと踊ってとかいろいろあると思うけど…」という発言や顕嵐くんの「中途半端って言われることもあるけど…」という発言からわかるように、実際本人達にもそうゆう意見が届いてて、


でも彼らはそれにくよくよなんかしてなくて、

「中途半端も突き抜ければオリジナルになる。」

「絶対諦めません。」

って言ってくれて、前しか向いていなくて、パフォーマンスからも絶対突き抜けてみせる、絶対諦めないっていう彼らの覚悟と気合いが伝わってきました。
ずっと私の中でモヤモヤしてたものがすっごいちっぽけなものに思えてきて、ずっとこの人達についていけば悔しい思いもいつか超えられる。そんな声吹き飛ばしてしまうくらいに突き抜けられる。Love-tuneを信じたい。って強く思いました。



烈火の諸星くんの笛と安井くんと顕嵐くんの三味線だったり、This is Love Songのバンド曲と思わせておきながらのキラキラアイドルな曲だったり、アンコールにハロウィンを持ってきて踊ったり、いい意味で裏切るのが上手い。

それってらぶがまともじゃないからできることなんじゃないかなぁって思って、色々な事に手を出して武器を身につけてきたLove-tuneだからできる強みなんじゃないかなぁって感じました。

あと、彼らはちゃんとアイドルでした。
楽器を弾くしバンドもする。歌って踊るアイドルの範囲に収まらず色んな事をする。
でもその姿を何て言葉で表すのかって聞かれたらアイドル以外にハマる言葉が見つからない。
やってることは今までのアイドルとは違っても彼らのパフォーマンスの根底にあるものは夢と希望を与える、今まで沢山の先輩達が作り上げてきたアイドルとしての姿じゃないかなって思います。









私はLove-tuneが大好きです。

それぞれの場所で戦ってきた、個人でも戦える7人が、グループになって、グループとして、沢山の武器を持って、アイドルとしての新しい道を切り開こうとしている。


歯を食いしばりたくなるような言葉が外野から聞こえてくるかもしれない。
道を切り開くには沢山の障害が彼らを待ち受けているかもしれない。

でも、私は信じてる。

絶対この7人ならどんな道も超えられる。

新しい道を創り出せる。

今はまだ、彼らの思い描く未来が形として見えなくても、絶対、7人が創り出す愛の旋律は、彼らの目指す未来を創り出すことができる。

もっともっと突き抜けられる。

彼らが諦めない限り、私は信じる。

 

  

f:id:v6keeeeen702:20171205230900j:image

 

その手で掴み取れ!幸せがある!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017,8/17

私はこの日を多分一生忘れないんだろうなと思うし、何があったとか細かいことは忘れてしまっても、この日感じた、心がギュッとなる暖かくて優しくて切ない夏のカケラが心の奥に刺さったような感覚をずっと覚えているんだと思う。

すっかり秋になって、あの日蒸し暑い中並んだのが嘘みたいに涼しい風が吹いて、月が綺麗だなぁって思う季節になって、、「月が綺麗だなぁ」って思うたびに「死んでもいいわ」って頭に浮かんでその度に思い出して、、どっかに気持ちを記したくなって、、
もう!!如恵留くんのせいだからね!!!

私はこの日のTravisJapan朝公演に入りました。
いや、オーラスじゃないんかよ!!ってそこは突っ込まないで、、

元々私は美勇人くんが見たくて、美勇人くんが見れればいいやと思ってこの公演に入りました。とっても失礼だと思うけど、トラジャに対する思いみたいなのはあんまりなくて、いつも美勇人くんがいるからトラジャを見るっていう感じでした。

だったけど、、トラジャの単独に入って、TravisJapanというグループをまるっと好きになってEXシアターから帰ってきた自分がいました。


ありえないくらいの熱量や情熱がパフォーマンスから伝わってきて、でもその中の核になってるものは暖かくて優しいもので、パフォーマンスでこんなにも気持ちって伝わるんだと思ったし、なんかもう全部全部思ってたのと違って脳天に一撃食らったみたいに、終わったあとに放心状態でとりあえず座って落ち着かないと動けないくらいで、凄いものを受け取ったなぁと感じました。
朝公演でこんなだったのに美勇人くんに奇跡の公演って言わせたオーラスの夜公演はもうとんでもなかったんだなぁって思います。

先ず思ってた美勇人くんじゃなかったんですよ、、
らぶで居る美勇人くんと、トラジャで居る美勇人くんって同じ人だけど凄い変わるんだなぁって思って、トラジャの美勇人くんはひらがな喋りはしないし、あんまりフワフワしてないし、ずっとお兄ちゃんでかっこいい美勇人くんでした。
それがめちゃくちゃカッコ良くて、こんな美勇人くん居たんだぁって新鮮で、
何よりトラジャメンバーと美勇人くんの関係がすごく素敵だなぁって思いました。

もしかしたらトラジャの美勇人くんは今日いっぱいしか見られないかもっていう現実が目の前にあって、、どうしたらいいかわからなくなって、、帰りのバスの中で貪るようにトラジャの動画を検索して、トラジャっていうグループ越しに美勇人くんをみるといつも見てたイツバとかレリバンが全く違うものに見えて、今までの私何やってたんだろうって後悔して、、最終公演のレポを読んでずっと溜めてたわけわからない想いがグサグサ心に突き刺さって、、
遅すぎたにも程があるくらい遅すぎたけど、きっとこの公演を見なきゃずっとトラジャの魅力に気がつかないままだったし、こんなにも素敵な美勇人くんを知らないままだったと思うから本当に行けたことに感謝してます。
何よりTravisJapanという熱くて優しくて優しすぎるグループを知ることが出来てよかった。そこに居る美勇人くんを見ることが出来て幸せでした。

梶山くんは視線泥棒って言われてるけど本当に視線泥棒だった(笑)イツバの最初にトラジャをかき分けて前に出てくるところが好きです。
梶リーグ楽しかったなぁ最年少なのにとっても頼もしくてあれはきっと岡山の偶然なんかじゃなくて梶山くんの努力がみんなを笑顔にしていたんじゃないかなって思った。

好き好き大好き美勇人くんって言ってくれる宮近くん。それにちっちゃくてもパワフルちゃかちゃんって答える美勇人くん。美勇人くんは宮近くんのこと豆大福とかデブとか言うけどそんな言葉出ちゃうくらい宮近くんのこと大好きだし信頼してるんだなぁって感じて、最終日泣いちゃった宮近くんに「ちゃかちゃん今回引っ張ってくれたもんね。」って言う美勇人くんはきっと宮近くんに対する愛情いっぱいでこんなド新規の私にも二人の関係性が伝わったよ。

中村海人くんは美勇人くんにかまってかまって!ってしてるのが可愛かったなぁ。美勇人くん美勇人くんって慕ってるのが凄くわかった。美勇人くんのことをずっと気にかけてくれてたの伝わってるよ。いつでも素直に元気でいてくれてありがとう。そのままでいてくれってみんなに言った最終公演、きっと心からの叫びで、それをちゃんと伝えられることがうみんちゅの強さなんじゃないかなと思った。

閑也くんはなんだか凄い楽しそうだったなぁ、、とっても生き生きしてて、でもずっとニコニコしてる人だと思ったらクソババァって言い出してびっくりした、、(笑)
キントレとは全然関係ないけどジャニウェブの新年動画の森田美勇人のモノマネしてるの凄い好きで、なんだよ〜って感じで笑ってる美勇人くん可愛いんだよなぁ。同い年なのに兄組と弟組にわかれてて、そんな仲の2人の絡みが可愛くて好きです。

美勇人くんはしめちゃんが喋るたびに大きな口開けて笑ってて、なにがそんなに面白いのかわかんない時もあるくらい笑ってて、その笑顔がとっても素敵で、こんなに美勇人くんを笑わせることができるのはしめちゃんだけだと思った。しめちゃんを見るとみんなふにゃふにゃ笑顔になっちゃうの本当に不思議。きっとしめちゃんの天使の粉はこの魔法を振りまいてるんじゃないかな、、

なんかの雑誌で如恵留くんが「美勇人がずっとそれは違うんじゃないかっていうのを言い続けてくれた」って言ってるのを見て、読んだ時はあんまりピンと来なかったんだけど実際見て何となくわかった。如恵留くんを見てる美勇人くんは弟組を見る顔とはちょっと違う顔をしてて、でも悪い意味じゃなくて、二人は信頼してて、お互い高めあって来たんだなぁっていうのが凄く伝わった。あと、月が綺麗ですね。っていう呪文を残してくれてありがとう。おかげで毎日しんどいけど、、でも、ありがとう。


美勇人くんには仲間が沢山いて、その人達に愛されていて、美勇人くんもその人達を沢山愛していて、大好きな仲間達に囲まれた美勇人くんは最高に楽しそうで、最高にキラキラしてた。
わたしが好きになったひとはこんなにも愛されているんだなぁと思って凄く嬉しくなった。

こんなにも夏が終わらないで欲しいって思ったのは初めてだよ。

美勇人くん、沢山の新しい世界を教えてくれてありがとう。
美勇人くんが見せてくれた世界は、最高にかっこ良くて、とても暖かくて、泣けちゃうくらい優しい世界だったよ。

f:id:v6keeeeen702:20171210104217j:image

 

 

 

 


あと、これは叶うまで誰にも言わないつもりなんだけど、美勇人くんを応援してる間に叶ったらいいなぁって思うことが出来ました。
夢って言ったら大げさかもしれないけどでもその日が来ると信じて応援し続けたいと思います。

 

 

 




今年の夏も生きてたなぁ


私は今年の春の終わりにJr.にはまった。
顔と名前が一致してから初めて見た美勇人くんはなんだか何かを抱えたような、浮かない顔をしていた。
この人大丈夫かなぁと思った。

でも、何故か惹かれてしまい、何かに取り憑かれたように森田美勇人を検索する毎日が始まった。
過去の映像を漁る度に本当の美勇人くんはもっと違う人なんだろうなってことが感じ取れた。

じゃあなんで、あんな姿だったんだろう。
疑問だけが大きくなった。

色々想像した。
色々検索した。
沢山の人の感情や憶測が飛び交っていて、どれが本当だか、何を思うのが正解なのかわからなくなった。

でも、全部ぜんぶ、この夏の美勇人くんが教えてくれた。

どっちも100%全力で駆け抜けた姿が最高にカッコよかった。
いつでも笑顔で、楽しそうで、キラッキラしてて、最高のアイドルだった。
いつでも大切な仲間が側にいて、どこでも最高の笑顔で一緒にニコニコしていた。
周りの人が泣きそうになっても、ファンの人が泣いても、美勇人くんは笑顔でアイドルで、きっといろんな感情で溢れていた世界を全部全部、笑顔で受け止めてくれた。

あの日心配した、大丈夫かなぁって思った美勇人くんの姿は何処にもなくて、凄く頼もしい最高にかっこいい美勇人くんの姿だった。

美勇人くんには仲間が沢山いて、その人達に愛されていて、美勇人くんもその人達を沢山愛していて、大好きな仲間達に囲まれた美勇人くんは最高に楽しそうで、最高にキラキラしてた。
わたしが好きになったひとはこんなにも愛されているんだなぁと思って凄く嬉しくなった。


周りがどうこう言うことじゃなくて、これからも、この先もずっと、美勇人くんが見せてくれる世界を信じようと思った。

美勇人くんのこれからは美勇人くんがつくっていくんだ。
そう思った。

きっと美勇人くんを応援してなかったら感じることができなかったことだとおもうんだ。
美勇人くんじゃなきゃ見れなかった景色なんだ。
この夏の美勇人くんが余計な感情を取っ払って、今の美勇人くんを信じようっていう気待ちにしてくれた。

ありがとう、美勇人くん。
この夏見た美勇人くんの姿は一生忘れないよ。

担当が増えた

 

Jr.は沼だと散々言われてたからはまらないようにしてたけどムリだった。

沼は突然私の前にあらわれた。

 

そもそもジュニアを見るようになったのは滝沢歌舞伎でジュニアを見る目が変わったのがきっかけだった。

 

滝沢歌舞伎を見るまでの私のジュニアのイメージは 多分、大昔のジュニアのイメージだった。

今のベテランジャニーズが俺らの時代はもっとあれだったよね〜って語ってるようなイメージだった。

だからなのか滝沢歌舞伎を見て驚いた。

ジュニアって凄いなぁと思った。

バックだから手を抜くとかメインじゃないからとかそんなこと全然感じなくて、ひとりひとりが全力でみんな主人公みたいだなぁと思った。

 

それから、滝沢歌舞伎に出ていたSnowManを中心にジュニアを見始め、情報局に入った。

ジュニアを見ているのは楽しいしワクワクするけど、絶対この人!!という感じに運命を感じる人はいなかった。

 

でも、その日は突然やって来た。

学校のことやバイトとこで心身共に疲れ果てた私はジャニーズwebのジュニアのボイスに癒しを求めた。

 

慰めてくれそうな言葉を探して片っ端から再生した。

 

そして出会った。

 

 

「無理すんなよ。」

 

 

やばいと思った。

心臓がギューンってなるのがわかった。

それは三宅健くんを見つけた時と同じような胸の高鳴り様だった。

 

そして森田美勇人の名前を知る。

 

ん??何か聞いたことあるぞ?

三宅健 森田美勇人」で検索をした。

健くんがジャニアイにゲストで出演した時にバックで踊っていた子だった。

健くんが選ぶということはきっとダンスの上手い子なんだろうなぁと思った。

 

そして「森田美勇人 ダンス」で検索した。

上手い子なんだろうなぁとは思っていたけどこんなに凄いなんて想像もしてなかった。

森田美勇人ヤバイ、、、何者なの???

もう私の頭の中は"森田美勇人ヤバイ"でいっぱいになった。

 

そしてもっと知りたいと思った私は森田美勇人くんについてツイッターはてブロで検索しまくった。

そこで知ったことは、

森田美勇人くんはTravisJapanとLove-tuneというグループを兼任していること、 

森田三兄弟がいて、今、一番忙しいジュニアなこと、

ダンス留学をしたこと、ダンスがジュニアの中でも抜きん出てうまいこと、

ベースが弾けること、

お洒落に気を使っていて身体がほぼ脚で出来ていること、

ひらがなしゃべりなこと、

 

そしてポンコツであること。

 

え?ポンコツってそんな、、、

あんなにかっこいいのにポンコツって、、、

信じられなかった私は「森田美勇人 ガムシャラ」で検索した。

 

嘘じゃなかった、、森田美勇人ポンコツだ、、めちゃくちゃ面白い、、

カエルをお腹に乗せられてギャーギャーとモスキート音みたいな声で騒いだり、大事なところで衣装のフリンジがマイクに絡まっちゃったりなんか残念でポンコツだった。

そもそも、森田美勇人くんの声で落ちた人間なのであのひらがな喋りがたくさん聞けるのが嬉しかった。

そしてあの中で笑う森田美勇人くんの笑顔が大好きになった。

 

あのダンスの格好良さからこのポンコツさ加減。振り幅が大きすぎる。やばいなこの人と思った。

 

 

 

(ここからは全く私の意見なので違うと違和感を感じた方は読まないでください。)

 

 

情報局に入っていた私はTravisJapanとLove-tuneの新年の動画を見た。

 

は?森田美勇人くんどうしちゃったの、、何があったの、、

全く喋らないし何だか様子がおかしいし笑顔がない。

後からわかったことだが、この時期は反抗期だったらしい。

 

そうならあの動画の様子のおかしさもわからなくないかなぁと思った。

 

実際私が少クラで森田美勇人くんを見るようになってから同じグループのメンバーとニコニコしてるのも見るしもう大丈夫なのかなぁと感じた。

 

でもまた情報局で新しく公開された美勇人くんの様子がおかしいようにに見えた。

私が感じたことだから違うかもしれないけどそう見えた。

 

もっと自然に笑えるように自分のことを大事にしてほしいと思った。

そんなに沢山、みんなの想いを背負わなくていいよって思った。

 

でもクリエの公演中のダンスや楽器を弾いている姿を情報局の動画で見てそれも違う気がしてきた。

踊ったり楽器を弾いたりしている美勇人くんはとっても素敵な顔をしていた。私が見たかった美勇人くんの笑顔だった。

特にマスピを踊っている美勇人くんは心から楽しいのが溢れちゃっている笑顔で本当に舞台でパフォーマンスすることが好きなんだろうなと思った。

 

だからもっと身体の事を大切にしてほしいとか心配になるのもなんか違う気がした。

(いや、そりゃ心配で心配だけどそれを声を大にして言うことではないと思った。)

 

身を削って、どっちも100%でやる、と言っている彼にどっちにいた方がもっと輝けるとか、どっちかにいる彼は劣っているとか口が裂けても言えないし、そんなこと1ミリも思ったことないし、どちらにいる彼も好きだ。

 

私は森田美勇人のパフォーマンスが大好きだ。

 

身を削ってパフォーマンスをしている彼の姿をこの目にしっかり焼き付けたいし、見逃したくない。しっかりちゃんと見届けたい。

 

きっとこの先、美勇人くんに待っている景色は私なんか想像もつかないくらい凄い所なんだと思う。

 

美勇人くんには、自分の信じた道を、自分の思うように突き進んでほしい。 

 

私はその道についていきます。

いつでも君の味方だよ。

 

 

 

 

38歳の誕生日おめでとうございます。


お誕生日おめでとうございます。

健くんを好きになってから、
気がついたら日曜と月曜が私の頑張る糧になって、
日曜の23時までのにこ健の更新まだかなぁ〜
って考える時間が幸せな時間になって、
月曜は日付が変わるまでにお風呂に入って布団に入って準備をするようになって、
その生活をするのが当たり前になって
その生活がすごく幸せで、幸せで、健くんのおかげで毎日生きれてます。

 



今日くらいは自分のことだけを考える日であってもいいんじゃないかなぁ
って思うけどきっと誰かのことを想ってる。

だから今日は、いつもの百倍、
いや、それでも足りないくらい
健くんにおめでとう。ありがとう。
って伝えたいです。


去年は自分の誕生日なのにファンの誕生日を祝ってくれてビックリだった。

でも、健くんらしいなぁと思って幸せになった。

そんな健くんが好きです。
大好きです。

本当にファンになれて幸せです。
いつもいつもありがとう。

滝沢歌舞伎2017が終わって

終わってしまいました、、。

滝沢一座のみなさん、お疲れ様でした。

今年の春はほんとに楽しくて、毎日キラキラしていました。

もう楽しかった分だけロスがすごくて、、。

幸せだったにこ健、滝連合戦も終わってしまい更に終わりを実感し、、

心にぽっかり大きな穴が開いてしまったような、、

ジャニーズの舞台エンターテイメントは初めてだったので、とっても楽しみにしていた一方、なんかあんまり感動しなかったらどうしようとか余計な心配をしていたんですが、本当に余計な心配でした。

ありがたい事に2回も観劇することができたのですが、一回目は殆ど覚えておりません。

というのは、初滝沢歌舞伎で見る前から興奮状態で、それプラス桟敷席という極貧大学生の身の丈にあっていないプレミアムリッチ席だったので、緊張してしまって、、、

お弁当美味しかったな、、でも時間足りなすぎたな、、(笑)

開演する前にお手洗いは済ませて置いたのに、幕間にまた行きたくなり、このまま我慢して二部を迎えるのは集中できないし済ませておこうと思って行った結果、、、お弁当を食べる時間約10分、、

もっとゆっくり食べたかったけど(自分が悪い)もうびっくりするくらい美味しかったからいいの、、いいの、、。

 

というのは置いといて、滝沢歌舞伎感想!(ほぼ2回目観劇の感想)

三宅担なので健くんのこと多めです。

 

Maybe

健くんの踊り、表情、バックの映像、ジュニアの踊りが全部ぴたっとハマって会場全体が完全にMaybeの世界でした。

まっすぐで切ない曲の世界がすごく伝わってきて不覚にも泣きそうに、、

一番好きな部分が、一番最後の健くんが   "僕は君が好き" と手話で表現する所です。DVDだと気がつかなかったのですが、これをやっている時、健くんは舞台中央の一番前に出てくるんです。しかも直接  "僕は君が好き"  という歌詞はこの曲には出てこなくて、でもこの曲が伝えたいのはきっとそうゆう気持ちのことであって、それをあえて健くんが舞台の一番前に出てきて表現したことに健くんの想いがたくさん詰まっている気がして感動しました。キュンというよりギューンでした。

 

蒼き日々

これはもう健タッキーファンにはたまらない曲だと思ってて、特に始まりの哀愁漂う感じのゆっくりとしたメロディの所が好きです。手をゆらゆらする踊りや、蒼き日々〜〜の顔の前で手をヒラヒラ?パタパタ?する踊りが特徴的で印象に残っています。タッキーのどっしりとした踊りと、健くんのキレッキレの踊りが対象的で、お互いの良さがより際立っていました。くるくる回るステージの上で健タッキーが向かい合いながら歌う所もすごく好きです。全体的に健タッキー感がすごく見られる演出で、素敵でした。

 

四剣士

かっこいい。健くんの殺陣カッコ良かった( ; ; )青の衣装がとってもお似合いで、、とにかくめちゃくちゃカッコ良かった!!!!

おちびジュニア君たちすごかったな、、きっとたくさん練習したんだろうな、、将来が楽しみだな、、

タッキーのすごい高い所から落ちるやつびっくりした!タッキー??どうしたの?!大丈夫?????って思ったけどちゃんと変面で出てきたからやっぱりタッキーすごい。

あと、室くんが良い味を出してました。

 

お化け(こどもつかい)

桟敷席で見たときはあんまり怖さを感じなかったけど普通の席でみたらめちゃくちゃ怖かった。なんか横の通路を風を立たせながらお化けが通って行くし、そのお化けが倒れたと思ったら全然動かなくなるし、もうあの場はお化け屋敷でした、、

林くんの演技も更に怖さを倍増させ、極め付けの最後の映像がホラーすぎました、、、

 

 

MASK DANCE

もう!!これは!!!すごく期待していました!!というのも、去年のDVDでのMASKが凄かったから、完全な状態でなくてもあんなに素晴らしいのに、完全な状態、しかも生でみたら本当にどうなるんだろうと思って、、

実際生でみたら期待以上で息をするのも忘れてしまうくらい魅入ってしまいました。

最初の映像とマッチした踊りから、最後のニヤッと不気味に笑う所まで、まるで何か1つの物語を見ているような感覚になって健くんの踊りから言葉では表せないとてつもない何かが伝わってきました。健くんの表情1つ1つが、物語を更に膨らませているような感じがありました。

去年のは何かにもがき苦しんでいるMASKのイメージだったんですが、今年のは不気味な余裕すら感じるMASKでした。

 

変面

どうなってんの???気になり出したら気がすむまで調べないと納得しないめんどくさい性格なので、カラクリを見つけてやると思って、ずっと滝様のがっちりした胴体を凝視してたのですが全くわかりませんでした。(当たり前)

 

太鼓

健くんが、太鼓の上に乗ってる!!!!!!!

かっこいい!!!赤の衣装も凄くお似合いで、太鼓の上で袴?をたくし上げながらリズムを奏でる姿がとても非現実的で、なんか凄かったです。(褒めてる)

で、健くんが裏で巨大腹筋太鼓の準備をしている姿が桟敷席から見えたのですが、客席から見えなてない所なのに、タッキーとジュニアと一緒に太鼓を叩いていました。なんかそうゆう所が健くんだなぁと思うし、かっこいいなぁ好きだなぁと改めて思いました。

あと、1人だけすごいムキムキマンがいる、、岩本くん、、すごい、、遠くからでもわかるムキムキ、すごいところに筋肉がついててびっくりした、、、

正直、DVDで見たときは、すごい、回ってる、頑張ってるな、、くらいしか思わなかったのですが、生で見たら全然違いました!!

滝沢歌舞伎で太鼓が1位2位を争うくらいに好きです。(言い過ぎかもしれないけど)

1人1人のエネルギーが直に伝わってくるんです。太鼓の振動や掛け声がストレートに伝わってきてこっちまでエネルギーをもらいました。

とにかく凄い!!!これは絶対生で見るべき!!!

 

浮世艶姿桜

健タッキー( ; ; )揃ってる( ; ; )

もう2人揃ってるだけでこの曲は泣けてきます。去年は初めの頃と最後の方しか二人揃ってできなかった幻の浮世艶姿桜。もうこれだけで勝手にヲタクはドラマを作って涙してしまう、、( ; ; )

セグウェイすごかったな、、近未来と現代の融合感がすごくありました。歌は日本を感じる曲なのにどこか近未来的なのを感じさせるところがあって、それがセグウェイに合っててかっこよかったです。間奏で健タッキーがセグウェイに乗ってくるくるする所すごい可愛かった、、、

 

ブギウギ

かっこいい!!!!岩本くんかっこよくない?!!スタイル良すぎない?!!ダンスかっこよすぎない?!!!さっきのムキムキマンだよね?!!イケメンすぎない?!!

ここら辺から私の岩本照くん革命が起こります。

健くんのデザインした衣装がすごく健くんぽくてオシャでした。スパンコールキラキラの派手さじゃなくて、大人の上品な派手さ、細部のこだわり、流石オシャレ番長、、センス分けてくださいって感じの衣装でした。

 

化粧、楽屋

健タッキー、可愛い。かわいい。カワイイ。

ここまでずっとキリッとしたかっこいい健くんだったから健くんの笑顔が見れて嬉しかったな、、、

 

滝沢歌舞伎

歌舞伎を全く見たことのなかった私ですが、楽しんで見ることができました。

独特の間や、動き、空間の作り方が見ていて面白いなぁと思いました。

傾き踊りのスノーマンの方々がすごくかっこ良かったです。女の人と踊る所など、美しくて男前でドキドキしました。

健くんとタッキーが並んでちっちゃい太鼓みたいなのをシャンシャンしているのが可愛かったです。

あと、タッキーの着替え?の手伝いをする岩本くんがめちゃくちゃイケメンだった。なんか勝手にドキドキしちゃいました。う、浮気じゃないから、、、許して健くん、、、、(笑)

 

鼠小僧、夢小判

〜笑いあり、涙なし〜

 

いやぁ笑った。久々に大爆笑しました。

仙吉親分は相変わらず男前でした。また仙吉親分を見ることができたのがすごく嬉しかったなぁ。仙吉親分が出てくると空気が締まるのをとても感じました。そうゆう役割に健くんがいることが新鮮でした。

おまるちゃんはもういちいちキレすぎ(笑)自由に振る舞う次郎吉さんにプンスカしてるおまるちゃんが愛おしかったです。あと、私が入った回でおまるちゃんちゃんが屋根のシーンでロボットダンスのような動きをびっくりするぐらいずっとやっていて、、あの時間は完全に女の子のかけらもなかったけど、大爆笑しました(笑)

なべ郎も、ストリーテラーに構ってもらおうとする姿が何とも愛らしかったです。渡辺くんってあんな可愛かったっけ、、、

菊三さんはおまるちゃんへの愛が日に日に増していっている気が、、笑

私が入った回ではおまるちゃんをサボらせ、一緒にお花見に行こうとしていました(笑)

徳俵さんはいつも怖いけど、この徳俵慎之介に続け!!、、、、

ない、ところが憎めない(笑)あの大股のドスドスとした歩き方が好きです。

金之助は安定の面白さで、すごく素敵な声をしているなと思いました。びっくりするぐらいアホーンだけど(笑)

講談、ストーリーテラー、すごかったなぁ。一人であれだけの量のセリフを違和感なしに飽きさせないで聞かせるのってすごいことだと思うし、講談で声色?を変えてやっていて最初誰かわからなかったくらいすごかったです。

あと、室くんの役が入ったことによって更にストーリーも膨らんでいてよかったです。

鼠小僧、次郎吉がいつの間に?!ってびっくりする速さであちらこちらから出てくるのでとても楽しかったです。

屋根のシーンで鼠小僧がおまるちゃんを見る顔がすごくいい笑顔で(きっとタッキーが深澤くんを見る顔)、タッキーは本当に深澤くんのことが可愛いんだろうなぁっていうのが伝わってきた瞬間でとっても印象に残っています。

 

冒頭の幼い頃の次郎吉と仙吉兄弟のシーンが入ることで、二人の関係がよりわかりやすい形でストーリーを見ることができました。

最後の水がバシャーッとかかって次郎吉、仙吉ピンチ!!のシーンの時に最初の伏線の回収?!がされる所が私はこのお話のなかで一番好きです。

 

with love

めちゃくちゃキラキラしてました。水面に映える桜とタッキーとダンサーの方が美しかったです。

バックの写真で健くんがおちびジュニア達と一列になっておちびくんをおんぶしている姿がとっても可愛かったです。

後半からジュニアやダンサーがみんな出てきて踊るシーンが圧巻だったなぁ。

岩本くんの手の動きが重量感じてないんじゃないかと思うくらいすごくなめらかで、ずっと見てしまいました、、(笑)

そして、この曲を聞くとなんともいえないもうすぐ終わってしまうという寂しさが一気に押し寄せてきました( ; ; )

 

Love

隣の君は笑顔ですか?って健くんの人柄をすごく表している歌詞だと思ってて、この滝沢歌舞伎の中で、ジュニアの子やタッキーから語られる健くんもすごく素敵で、こんなに素敵な人のファンで幸せだなぁとこの曲を聴くたびに感じます。

サビもすごく暖かくて、優しくて、泣けてくるくらい素敵な曲です。本当に大事な人って〜スノーマンが歌う所もすごく素敵だし、暖かくなれる曲で大好きです。

新橋演舞場にいる人全員が笑顔でLoveに溢れた空間でした。

 

 

 

 

 

健くんが出なければ、こんなに素敵な世界があることを知ることはなかったので、滝沢歌舞伎に2年連続健くんを呼んでくださったタッキーに本当に感謝してもし足りないくらいです。本当にありがとうございました。 

そして、V6であまり見ることのない、一貫してかっこいい男の健くんを見せてくれたことが本当に嬉しかったです。

私は健くんのダンスが大好きだなぁと改めて強く感じました。もっとたくさん健くんが踊って表現している所を見て見たいなぁ。

 

ジュニア達も一人一人が輝いていて、本当にすごいなぁと思いました。私の中のジュニアのイメージが180度良い方向に変わりました。

 

そして、タッキーのこの舞台に対する愛をすごく感じました。本当にタッキーすごいなぁと。

時より見せる少年のような笑顔が素敵でした。

 

見終わった後、出ていた人みんなを応援したくなっちゃうくらい、ひとり一人が輝いていて、愛に溢れた素敵な舞台でした。

来年も見に行きたいなぁ!!!!!

  

 

戸惑いの惑星 感想 ネタバレ

TTTお疲れ様でした!!

色々書こうかなって思ってたけど見たの半月くらい前だから詳しく覚えてない、、

で、色々ネタバレ解禁されたのを見てたら思い出したと同時にあの時のなんとも言えない感情が蘇ってまたTTTロスに、、、

 

 

で、色々書かれているのを見て思い出したこと、、

 

ハセッチが辿り着いた職業が手紙代筆という職業で、依頼主の心を通して代筆をする。

そしてハセッチは好きな人から代筆を頼まれる。

その好きな人を通して好きな人の事実を知る。

その事実は、

彼女はゆりの妹である。

彼女は三池のことが好き。

その彼女は死んでしまう運命にある。

 

この彼女の手紙代筆をしてからハセッチは自己喪失になる。

 

こんなの普通にきいても切なすぎるし、それなのにその彼女の心を通してそれを知るハセッチって、、、、( ; ; )

 

心を通してって言ってますが、私が見たときに受けたイメージはなんて言えばいいんだろう、、

体は彼女で心も彼女なんだけど、そこにハセッチが乗り移るというか、、

見てるものも聞いているものも受ける感情も彼女だけどそれを彼女を通してハセッチが体験するイメージ??

なのかなぁと思った。

 

そう考えるとなんか??だったセリフも繋がる気がする。

 

宇宙の外側にある3人の無意識が繋がってスタジオで3人を引き寄せたんだと思うし、その無意識の中に必ず彼女が存在していると思う。

その彼女が3人を引き寄せてくれたんだと感じた。

 

宛先のない手紙がちゃんと届いたのもその無意識に彼女が存在していたからなのかなぁと。

 

普段ポーっとドラマとか映画を見てしまう私が頭フル回転させてTTT一度鑑賞して感じたことで文にできることはこのくらいしかない、、、

 

しかも感じたこととか思ったことしか書いてないから皆さんと思ったことが全く違うかもしれない、、

映画とか友達の感想聞いて私と見方が違うのがよくある、、、

 

いやぁ、もう一回見たかった!!!!!!

なので映像化絶対して下さい!!!

 

あ!あと、ちょっとどうでもいいことかもしれないけどスタジオのトイレの扉を一番最初に開けた時の光は今年で一番ビックリしたし、なんか席的にちょうど光がピーン!!!って目に入ってディズニーシーのジーニーに椅子ドンドンってやられるアトラクション以上にびっくりした!!

 

ハセッチロス、、