隣の君は笑顔ですか?

好きなことについて書きます。語彙力はありません。

世界は変わる!



Love-tune Live 2017

「覚悟と気合い」

痛いくらいに彼らの熱い想いが伝わって来て、心が震えるってこうゆうことなんだなぁって実感しました。
元々、私はLove-tuneのパフォーマンスから発せらる熱いエネルギーに惹かれてらぶに興味を持ったので、それを生で感じられて本当に興奮しました。
私がらぶに惹かれた部分ってわけわからないけど凄い!!!って思える所だと思ってて、マイナスな意味の訳わからなさじゃなくて、わけがわからないんだけど完全にらぶのパフォーマンスに飲み込まれて、気がついたら渦の中にいて魅せられてしまう所が彼らのパフォーマンスの凄い所だなぁって思うんです。
ステージ上でシャウトしたり、楽器を持ちながら踊ったり、頭を振り回したり、バンドだと思って見ていたら楽器を置いて踊り出したり、
それって今までのアイドルにはあまりない光景で、彼らの言葉を借りるなら、まともじゃない。

私はらぶのそうゆう所が好きで、好きになった訳だけど、

新しい事をやるにはやっぱり否定的な意見もついてきて、こんなに人の心を震わすことができる人達なのに悔しいなぁっていう思いが私の中にはあって、、、

なんでそんなこと言われなきゃいけないんだろうとか思うこともあって、、

安井くんの「もっと踊ってとかいろいろあると思うけど…」という発言や顕嵐くんの「中途半端って言われることもあるけど…」という発言からわかるように、実際本人達にもそうゆう意見が届いてて、


でも彼らはそれにくよくよなんかしてなくて、

「中途半端も突き抜ければオリジナルになる。」

「絶対諦めません。」

って言ってくれて、前しか向いていなくて、パフォーマンスからも絶対突き抜けてみせる、絶対諦めないっていう彼らの覚悟と気合いが伝わってきました。
ずっと私の中でモヤモヤしてたものがすっごいちっぽけなものに思えてきて、ずっとこの人達についていけば悔しい思いもいつか超えられる。そんな声吹き飛ばしてしまうくらいに突き抜けられる。Love-tuneを信じたい。って強く思いました。



烈火の諸星くんの笛と安井くんと顕嵐くんの三味線だったり、This is Love Songのバンド曲と思わせておきながらのキラキラアイドルな曲だったり、アンコールにハロウィンを持ってきて踊ったり、いい意味で裏切るのが上手い。

それってらぶがまともじゃないからできることなんじゃないかなぁって思って、色々な事に手を出して武器を身につけてきたLove-tuneだからできる強みなんじゃないかなぁって感じました。

あと、彼らはちゃんとアイドルでした。
楽器を弾くしバンドもする。歌って踊るアイドルの範囲に収まらず色んな事をする。
でもその姿を何て言葉で表すのかって聞かれたらアイドル以外にハマる言葉が見つからない。
やってることは今までのアイドルとは違っても彼らのパフォーマンスの根底にあるものは夢と希望を与える、今まで沢山の先輩達が作り上げてきたアイドルとしての姿じゃないかなって思います。









私はLove-tuneが大好きです。

それぞれの場所で戦ってきた、個人でも戦える7人が、グループになって、グループとして、沢山の武器を持って、アイドルとしての新しい道を切り開こうとしている。


歯を食いしばりたくなるような言葉が外野から聞こえてくるかもしれない。
道を切り開くには沢山の障害が彼らを待ち受けているかもしれない。

でも、私は信じてる。

絶対この7人ならどんな道も超えられる。

新しい道を創り出せる。

今はまだ、彼らの思い描く未来が形として見えなくても、絶対、7人が創り出す愛の旋律は、彼らの目指す未来を創り出すことができる。

もっともっと突き抜けられる。

彼らが諦めない限り、私は信じる。

 

  

f:id:v6keeeeen702:20171205230900j:image

 

その手で掴み取れ!幸せがある!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10年後またここで会おうよ

そん時は今よりずっと笑っていよう

きっと きっと…